広島三越の英国展2017に行ってきた!会場の様子レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です。

先日お知らせした広島三越の英国展に行ってきたので、現地の様子をレポートします♪
会場全体の様子・購入したもの・気になったところや次回に活かせそうなポイントをお伝えします!
試飲や試食などのこともお伝えしますね♪

そして、今回は「紅茶をよく知らないけど知りたい!」という友人と一緒に行きました。
英国展は紅茶初心者にもおすすめ?ってことが気になっている方も参考になると思います!

それでは、会場の様子からみていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

会場の様子

私が広島三越の英国展に行ったのは12月16日、土曜日のお昼頃でした。

ラッキーだったのかもしれませんが、全体的に混雑していない印象でした。
他の地方ではかなり人が多いようですが、広島ではそうでもないみたいですね!

私が各ブースを見ているときの感覚では、

  • 店員さんと1対1の状態も多かった
  • 有名ブランド・接客が丁寧な店舗に人が多く集まっている
  • 試飲や試食のある店舗、全くない店舗に分かれていた
  • 通路も楽々通れる(高級なコーナー以外は、子供連れでも大丈夫そう)

って印象でした。

お昼時だったのですが、イートインスペースにも列などはなく、すぐに食事できる状態でしたよ♪
コート・小物・食器コーナーも見てみましたが、間近でじっくり見て購入を検討する余裕がありました。
慌てずしっかり考えられるので、後悔しない買い物ができましたよ♪

試食や試飲について

次に、購入の決め手になりやすい試食や試飲についてです♪
事前情報が少ないと現地で決めるしかないので、大事なポイントですよね!

私が見て回った中では「ほぼ全商品を試飲・試食できる店舗」と「全くサンプルのない店舗」に分かれていると感じました。
どちらかというと知名度のあるブランドほど試食がない傾向があると思いました。

私は今回、ウォーカーさんとベノアさんの商品を購入しましたが、特にサンプルなどはありませんでした。
それでもお客さんが多く集まっていてどんどん売れていたので「流石の人気だなぁ」って思いました。
お得な限定セットや限定缶などはしっかりアピールされていたので、見落とすことはなさそうです♪

チーズの試食が充実していた

チーズを売っている店舗の試食はとても充実していました♪
ほぼ全種類が試食でき、分類や製法などの説明も受けられて楽しかったです!

試食が充実していたのは、香りや味によって好き嫌いが分かれやすい食品だからかな?って思いました。
チーズって「良い評判は聞いてたし気になってたけど、やっぱり香りが無理だった」ってこともあるので、試食があると安心して購入できますよね♪

即席で紅茶との食べ合わせも体験できたので、チーズ初心者な私もよく考えて購入できました!

季節の商品は事前情報が大切そう

先日の記事でもお知らせしましたが、12月開催なのでクリスマス商品が多く集まっていました。

色々見て回りましたが、季節の商品は特にサンプルが見当たりませんでした。
入荷数が少なく人気もあるので、試食用を用意するのが難しいのかもしれませんね…。
事前にしっかり、感想記事やSNSなどで検討しておいたほうが良さそうです♪

(最終日前の週末に行ったので、開始当初は用意されていたけどなくなった可能性もありますね。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

紅茶初心者でも楽しめる?

今回の英国展には「普段はコーヒーばかりで紅茶はよく知らないけど、気になる!」という友人と一緒に行きました。
つまり、紅茶に興味があるけどまだよく分からないなぁ~って思っている紅茶初心者の人ですね♪

友人の好みを探りつつ各ブースを回ったのですが、試飲をしつつ説明されると分かりやすかったみたいです。
逆に「××茶葉をベースに◯◯チップと△△の花が入っていて~」という説明だけではあまりピンときていないようでした。

友人は「たくさんお茶を知れたので良かった!全然違う香りや味があって楽しかった!」と言っていました。
最終的にはしっかり試飲ができたカメリアズティーハウスロンドンさんの紅茶を購入していましたよ♪

紅茶初心者向き?お茶好き視点で思ったこと

紅茶初心者さんにとっての英国展という視点で、お茶好きの私が感じたメリットは、

  • 複数店舗が一気に回れるので比較しやすい
  • ブランドの特徴を捉えやすい
  • 各ブランドの看板商品や定番ブレンドをピンポイントで飲み比べられる
  • 初心者向きのセットも用意されている

ってことです。

「さっきのお店のアールグレイとこのお店のアールグレイ、どっちが好みだった?」などと友人に聞き、好みを探りやすかったです。
同じ名前の紅茶でも微妙にブレンドが異なるってことを実感してもらえたようで良かったです♪

また、イベント時には各お店の看板商品が持参されやすいですよね!
スペースの広さの関係から「自信のある商品」「他とは違う特徴のある商品」が厳選されています。
そのため「看板ブレンド+正反対の雰囲気のブレンド+定番ブレンド」というラインナップが揃っている印象でした。

試飲が充実していれば、ミルクティーに合うブレンド・あっさりしたブレンド・ちょっと面白いブレンドまで、一通り経験できる機会になると思います♪
タイプの違う茶葉がセットで売られているお店もあったので「とりあえず、少量ずつ買って飲んでみる」ってこともできそうです。

総合的には、一気にいろんなことを経験したい!味覚や香りの経験を増やしたい!という方にはかなりおすすめできそうです♪

次回に活かせそうなこと

広島三越の英国展は事前にあまり宣伝されておらず、公式の情報も少ないという状態です。
なので、
「店員さんに聞いてから決めよう」「試飲や試食で決めよう」
って気持ちになりますよね。(私もそう思っていました)

ですが「会場に行っても追加の情報が得にくい」という傾向があるかもしれません。
特に、有名ブランドさんは事前リサーチが大切になりそうだな、と思います。

また、お財布の管理の面でも購入するものを決めてから行ったほうが良いと思います。
私はある程度決めてから行きましたが、試飲や試食がおいしかったので予算オーバーしました!(皆さまお気をつけて!)

広島三越の英国フェア2017で手に入れたもの

最後に、手に入れたものを紹介します。
前回の記事の購入予定と見比べると…あれっ!?という結果になりました。

  • ウォーカーのショートブレッド(ユニオンジャック缶・120g)
  • ベノアのスコーン(アップルシナモン1個とプレーン2個)
  • ベノアのクロテッドクリーム(スコーンとセットでした)
  • スティルトンチーズ80g
  • ホワイトスティルトンチーズにマンゴーと生姜が入ったもの99g
  • ティーコゼー(アルスターウィーバーズ)
  • ティータオル(アルスターウィーバーズ)
  • ダージリンセカンドフラッシュグームティー(カメリアズさん)
  • アールグレイオレンジ(カメリアズさん)
  • ウィリアム・モリスのポーチ入りイングリッシュブレックファスト(カメリアズさん)
  • おまけで頂いたティーバッグ(カメリアズさん)

合計いくらになってどれだけオーバーしたかは内緒です!

終わりに

購入したものについては、飲んでみた様子や食べ合わせの結果をまたレポートしますね!
どの紅茶と合わせようかな?どんな淹れ方をしようかな?とワクワクしています。

ティーコゼーやティータオルは、紅茶をおいしくするグッズとして活躍してくれると思います♪
こちらも使い心地や保温性を画像つきで詳しくレポートする予定です!

「来年もまた英国展に行きたいな」と思える、充実した体験になりました♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

コメント

Comments are closed.