【カメリアズティーハウス】イングリッシュブレックファストの感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です。

今日はカメリアズティーハウスさんのイングリッシュブレックファストをご紹介します!
ストレートとミルクティーに分けて、香り・味わい・水色などを詳しくレポートしていきます♪
私が手に入れたのはティーバッグタイプだったのですが、すごく本格的でびっくりしました。

ムジカさんの堂島ブレックファストが好きな方も必見のブレンドになりそうです♪

それでは、公式の説明からみてみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カメリアズさんのイングリッシュブレックファストってこんな感じ

公式サイトの説明では、

英国式紅茶本来の味を感じていただけるカメリアズ一押しの紅茶です。有機農法で栽培されたお茶で、あらゆるスパイスの風味を併せ持つアッサムと、奥深い味わいのスマトラをブレンドしました。本格的英国紅茶の味わいを感じていただけることでしょう。ケーキなどとの相性が良く、ミルクティーにしても美味しく召し上がれます。
※2017年 グレイトテイストアワード金賞受賞

と紹介されています。

Twitterの公式アカウントさんによると、2016年の9月から英国大使館で使用されているみたいです♪

紅茶にはうるさそうな場所(良い意味で、ですよ!)で正式に採用されているんですね。
カメリアズティーハウスさんはイギリスに本店があるブランドですし、本格的な味わいが楽しめそうです。
どんどん期待が膨らみますね!

 

私が手に入れたのは個包装のティーバッグタイプです♪
英国展ではウィリアム・モリスのポーチに入った限定セットもありましたよ!(私はこれを買いました)

実際に飲んでみた様子

まず、ティーバッグの様子からお届けします♪
大きめのテトラ型になっていて、しっかり茶葉が広がるスペースがあります。
メッシュ越しなのにアッサムの甘い香りが感じられ、茶葉が大きめということも分かりました。

ティーカップ+小皿+ティーコジーという組み合わせで、しっかり保温して淹れてみました。
条件としては、茶葉2gのティーバッグを熱湯で3分ってことですね♪

途中で謎のオブジェみたいになりつつ、うまく淹れられたようです!
水色はやや明るめに見えますが、コクのあるアッサムの甘い香りがふわりと漂ってきます。

ブレンド的には、アッサム紅茶とインドネシアのスマトラ紅茶が使用されています。
スマトラ紅茶について調べてみると「水色が明るくクセがなく、さっぱりした風味」っていう感想が多いようです。

ティーバッグの茶葉って細かいダスト状のイメージがありました。
水色だけ出て味わいはいまいち…みたいな記憶が強かったんです。

でも、カメリアズさんのイングリッシュブレックファストはしっかり大きい茶葉なんですね!
茶殻を触ってみると硬さがあり、噛むと甘味と酸味が出て、エグみが少なくておいしいです。
普段ルースティーで淹れている方も、これなら満足できそうですね♪
あっ、ティーバッグをお湯に浸すとき、茶葉が舞う様子が美しかったのも良かったです!

スポンサーリンク

ストレートの味わいの感想

まずはストレートで飲んでみた感想です♪
ブレンドについて探りつつ、ポイント別の感想をお届けします。

  • 茶葉…アッサムの香りが強い。優しく穏やかな甘い香り。メッシュ越しに大きめの茶葉が見える。
  • 水色…やや明るめに見える。赤橙色から濃い赤橙色ぐらい。
  • 香り…最初は芋のような甘い香りが強い。飲み進めると少し華やかな雰囲気に気づき、飲み飽きない複雑な楽しさを感じる。
  • 味わい…渋みやコクが適度でとても飲みやすく、後味がさっぱりしている。エグみなどの口残りがないのでストレートでも楽しめる。

奥深く、飲む度に発見がありそうなブレンドですが、最初の印象はこんな感じでした♪

渋み ★★☆☆☆
甘み ★★★★
重厚感★★★☆☆

渋みが苦手な方、コクのある紅茶の口残りが気になる方も楽しめそうです♪
ストレートで飲んだ印象としては、ムジカさんの堂島ブレックファストに似た雰囲気だと思いました。
柔らかい甘みがあり、喉越しが良く、少し華やかで、全体が優しい…
そういう風味のバランスがなんだか似ている気がします♪
堂島ブレックファストがお好きな方は、ぜひ一度飲んでみて欲しいブレンドです!

スポンサーリンク

ミルクティーの味わいの感想

ミルクティーはティーカップで5分抽出した後に湯煎したミルクを加えました♪
そのまま飲むとちょっと渋みが強い印象です。
そこにミルクを入れると…

一気に渋みが和らいで、適度になる印象です♪
アッサムの甘みとミルクの甘みって雰囲気がかなり違いますよね。
タイプの違う優しい甘さが混ざりあうことで、複雑に、奥行きのある味わいになっています。

後味として、エグみや乳製品の口残りがないのも嬉しかったです。
目覚めの一杯としてもお出かけ前の一杯としても選びやすいですよね♪

しっかり濃い目のミルクティーにしたい方はもっと長めに抽出したり、ミルクの量を減らしても良いかもしれません。
長蒸らしでも雑味が出ないだろうなぁ、っていう予感がしました。

食べ合わせはどう?

食べ合わせとしては、プレーンな味わいが合うと思いました。
素朴な味わいのスコーンショートブレッドなど、イギリスの代名詞的なお菓子が似合いそうです♪
茶葉やミルクの自然な甘みを引き立ててくれるようなイメージですね。
甘すぎず華やかすぎない組み合わせが栄えると思います!

朝食なら、バターをたっぷり塗ったトーストやスクランブルエッグも組み合わせてみたいです♪

カメリアズティーハウスイングリッシュブレックファスト 終わりに

 

イングリッシュブレックファストって、ほとんどの紅茶専門店さんに用意されているブレンドですよね。
実は「ブレンド内容はこれにしなさい」って決まりはないんです。
だから、そのお店の方向性やブレンダーさんの気持ちがよく現れるブレンドなのかな?と思います。

カメリアズティーハウスさんのイングリッシュブレックファストは、飲むとほっとするような優しさがありました。
ミルクティーだけでなく、ストレートで飲んでもおいしい、奥深い風味と柔らかさが感じられます。
淹れる人や淹れ方によって様々な魅力が引き出せそうな気もします♪

今度はティーバッグだけでなく茶葉で購入してみたいなぁ、って思う素敵なブレンドでした!

カメリアズティーハウスさんの人気ナンバーワン「アールグレイオレンジ」を飲んでみた様子の記事も参考にしてみてくださいね♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

コメント

Comments are closed.

スポンサーリンク

スポンサーリンク