【青山ティーファクトリー】ウバ ダンバテン茶園BOP2018の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です!

今日はウバ紅茶、ダンバテン茶園の2018年の茶葉を飲んでみた感想です。
茶葉の様子・水色・風味、淹れ方を変えてみた様子などを画像つきでお伝えします。

この茶葉はウバと聞いてイメージされるようなメントール感は強くありません。
軽やかに香りつつ、甘みもしっかり感じられる茶葉ですよ♪
きつい香りが苦手…という方にぜひおすすめしたいウバ紅茶です。

それでは、茶葉の紹介にいってみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウバ ダンバテン茶園2018ってこんな感じ

まず、公式の説明をご紹介します!

ウヴァらしい香りもありますが、ウヴァの苦手な方にも飲みやすく、バランスは良い味ですが、少しだけ苦みも感じられます。しかし、苦みも強くはなく、嫌な苦みではありません。

お値段は100g1,300円です。
私はお店に訪問して購入したのですが、通販でも茶葉を販売しています♪

ちなみに青山ティーファクトリーの店主さんは「キツイ香りのウバは苦手」とおっしゃっていました。
ウバは他にもダンバテンBOPFやハイランズPなどが入荷していますが、いずれも香りが強いタイプではないようです。
優しく香るウバを探している方は、青山ティーファクトリーさんのウバが合うかもしれませんね♪

スポンサーリンク

ウバ ダンバテン茶園2018を実際に飲んでみた様子

条件によって風味の印象が変わったので、それぞれ書いていきますね!

まず、茶葉の様子がこちら。


BOPでさらっとした手触りで、柔らかい茶色みのある茶葉がたくさん見えます。
食べるとサクッとしていて、最初に鋭い渋み、後から黒糖っぽい甘みが感じられました。

温めたポットでは、トマトめいた濃い甘い香りが強く、特有の爽やかさは感じません。

4g300ml3分

やや軽やかに甘く香りますが、清々しさは強くありません。
口に含んだときに爽やかな感覚があります。
舌の先に甘み、舌の表面にのっぺりとした渋みがきますが、すぐに抜けていきます。
渋みが軽く、飲みごたえとしても軽めです。
一番さわやかさが感じられるバランスです。

5g300ml3分

青さは目立たず、後から甘みが来ます。
後から甘みも出て来ますが余韻としては6gの条件より短めです。
酸味を感じるので好みが分かれそうです。

縁がやや厚く浅めのカップにしてみた様子です。
水色が映え、酸味や渋みが和らぎました。
飲みごたえと丸みを両立させたい時におすすめです!

6g300ml3分

濃い水色ですが、飲むと渋みは強すぎず、優しい甘みを感じる印象です。
後からじわっと口の中に甘みが湧いて出る感覚が強いです。
飲みごたえがあり、甘みの印象が強いので爽やかさの印象は控えめになるバランスだと思います。

この条件では、そのままミルクを加えてもおいしかったです。
茶葉に甘みがあるので、香り特化型のウバの華やかなミルクティーとは違う印象になりました。

スポンサーリンク

ウバ ダンバテン茶園2018の味わいの感想

それでは、ウバ ダンバテン茶園2018について、ポイント別の感想です♪

  • 茶葉…BOP。柔らかい茶色みのある茶葉が見える。食べるとサクッとしていて、最初に鋭い渋み、後から黒糖っぽい甘み。
  • 水色…濃い赤橙色~明るい赤橙色
  • 香り…きつい香りはない。軽めにいれると適度に清々しい鼻抜けがある。
  • 味わい…渋みが鋭くなく、後から甘みが来る。濃くしてもえぐみがない。甘みがあって飲みごたえを感じる。

それぞれの条件で風味が異なるので、総合して考えると、こんな感じになると思います。

渋み ★★☆☆☆
甘み ★★★☆☆
重厚感★★★☆☆

軽めだと特有の爽やかさが感じられますが、微かに香る感覚です。
普通~濃いめに淹れると味わいに厚みが感じられ、特に甘みがしっかりある印象です。
味わいに奥行きがあるので、きっとお茶請け無しでも満足できると思います♪

「鋭い渋みや強いサロメチール香が苦手…」という方でも飲みやすいウバだと思います。
もっと軽め(3g3分などの条件)にもしてみましたが、後味にも爽やかな感覚が出る印象でした。
香りだけでなく味わいもしっかり楽しみたい!という方も気にいると思います。

ウバ ダンバテン茶園について

いろいろと調べてみると、ダンバテン茶園はトーマス・リプトンに縁のある茶園だとわかりました。
つまり、1890年にリプトンが土地を買い取って植樹したのがここ、ということです。
昔はキャッチコピーで「茶園からティーポットへ」と謳っていたようですが、その茶園はこのダンバテン茶園を指していたようです。

「昔のリプトンはウバ紅茶を使っていて…」というお話を聞いたり、実際に飲んだことがある方もいらっしゃるかもしれませんね♪
このダンバテン茶園の茶葉を飲んだら、懐かしい風味に再会できるかもしれません。
(当時の味わいを知らない私からみると、とてもうらやましい経験です。)
現在もウバの一角にはリプトンのティーハウスが建っているそうです。

【青山ティーファクトリー】ウバ ダンバテン茶園BOP2018の感想 終わりに

私は最初に強い香りのウバを飲んだので「ウバっていうと目の覚めるような香りの茶葉でしょ?」って思ってました。

でも、本当にそうかな?って疑問もあって、ずっと気になっていました。
いくつか紅茶の本などを読んでみましたが、文章だけだと香りの強さの度合いってなかなかわからないですよね…。

今回、このダンバテン茶園のウバを飲んでみて
香りが強い・やや弱い以上の個性がウバの茶園にもあるんだなぁ
って思いました。

ウバ紅茶は私が紅茶を好きになったきっかけでもあるので、これからもどんどん楽しんでいきたいです♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク