セイロン・キャンディ紅茶の特徴は?アレンジも組み合わせも自由自在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です♪

突然ですが「紅茶のキャンディ」と言われたら、あなたは何を想像しますか?
お茶好きさんはピンとくるかもしれませんが、紅茶の種類に「キャンディ」という名前の茶葉があります。

今日はキャンディ紅茶について、味わいの特徴や購入のポイント、オススメの楽しみ方を紹介します♪

そうそう、キャンディ紅茶はスリランカのすべての紅茶の元祖でもありますよ♪

それではいっしょに、キャンディ紅茶の世界を覗いてみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャンディ紅茶の特徴

キャンディ紅茶はとてもバランスの良い紅茶です。
比較的香りが控えめでクセがなくソフトな味わいなので、どんなシーンにも合うお茶です♪
そして、内側から輝くような赤みのあるオレンジ色がとても美しい紅茶です。

私がキャンディ紅茶を飲んでみたら、こんな感じでした!

重厚感★★
甘み ★★
渋み ☆☆

味わいとしては、渋みが少なく、はちみつやキャラメルのような甘みが感じられます。
茶葉を食べてみると、ほんのりと黒糖系の甘みを感じました♪
軽やかだけど少しだけルフナ紅茶っぽい甘さがある!って感じですね♪

同じく「平均的」と評価されることの多いディンブラ紅茶と比べると、
爽やかさよりも甘みが強く、風味のまろやかさが際立つ印象です♪

キャンディ紅茶は誰にでも好かれる味わいで渋みも控えめなので、紅茶初心者さんも飲みやすいと思います♪

キャンディ紅茶の産地の話

キャンディは、昔スリランカの首都があった場所です。
気候も比較的穏やかで、季節風の影響も受けません。
標高はミディアムグロウン(中間エリア)で、ハイグロウン(標高の高いエリア)とローグロウン(標高の低いエリア)の中間に位置しています。
位置関係でいうと、ルフナ紅茶のひとつ上のエリアで、ディンブラ紅茶のひとつ下のエリアってことです♪
旬の時期はなく、一年中安定した味わいと品質で生産されています。

セイロン紅茶発祥の地としてのキャンディ

歴史的に見ると、キャンディはスリランカの紅茶発祥の地でもあります。

元々スリランカではコーヒー栽培が盛んでした。
しかし、ある年にコーヒー豆の相場の大暴落やサビ病が蔓延し、農園は壊滅状態になってしまいました。
なかなか他の作物への切り替えがうまくいかない中で、ジェームス・テイラーがアッサム種の紅茶栽培に成功しました。
時代は1867年、ジェームス・テイラーは当時17歳だったといわれています。
そこから、セイロン(スリランカ)の紅茶の歴史は始まりました。

現在もキャンディにはスリランカで初めて栽培紅茶に成功した偉人として、ジェームス・テイラーのお墓があり、世界中の紅茶ファンが訪れています。
キャンディの街も世界遺産になっているので、茶園見学や紅茶のルーツを含む観光ツアーなども人気です♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャンディ紅茶の購入について

キャンディ紅茶は一年中安定した品質で生産されているので、値段もお手頃になっています。
具体的には、50gでおよそ500円~600円ほどで入手できますよ♪

茶葉が細かいBOPタイプのものが多いので初心者さんでも扱いやすいと思います。
難しいコツがなく、ティースプーンで計量しやすく、万が一時間をオーバーしてしまってもキツイ渋さになりにくいからです。

ちなみに、紅茶150mlを茶葉3gで抽出と考えると、50gで16杯は抽出できます。
600円の茶葉なら一杯あたり37.5円になりますよ♪
かなりお手頃ですよね、毎日飲むお茶としていかがでしょうか?

キャンディ紅茶の楽しみ方

キャンディ紅茶は、これといって苦手な組み合わせのない万能な紅茶です。
キャンディ紅茶の味わいを活かして、こんな楽しみ方ができますよ♪

  • ストレート  …お砂糖なしでもほんのり甘く、苦味の少ない優しい味わい
  • ミルクティー …自然の甘みとまろやかな味わいがミルクにマッチ
  • アレンジティー…クセの無さを活かしてニルギリよりもコクのある味わいを楽しめる
  • アイスティー …水色が美しく、タンニン(渋み)が少ないので濁らずクリアに仕上がる

「毎日飲むお茶を探してる」「たくさんは買えないけど、まずは楽しんでみたい」「来客用に出せるようなお茶を探している」
って方におすすめの紅茶だといえます。

一種類で何役もこなしてくれる紅茶なので、これから紅茶を趣味にしたい!って方にもおすすめです♪

キャンディ紅茶と一緒に楽しむフード

キャンディ紅茶はオールマイティーなお茶なので、特に苦手な組み合わせはありません。

特に相性が良いのは「甘みが強いお菓子」です。
プリンやロールケーキなど乳製品の甘みがあるものも好相性です♪

クセや強い主張がない紅茶なので、お菓子の味わいを引き立てたいときにもおすすめです。

キャンディ紅茶のまとめ

個性的で飛び抜けた特徴のある紅茶もおいしいですが、
「毎日飲むお茶にするとすぐに飽きてしまう」「お客様に出すにはちょっとクセが強い」
ってこと、ありますよね…。

キャンディ紅茶は、オーソドックスでオールマイティーな味わいなので

  • 毎日飽きずに飲み続けたい
  • 色んなアレンジを楽しみたい
  • お財布に優しく、気軽に飲みたい
  • みんなが楽しめる味わいを探している

って方にぴったりな紅茶です♪
毎日のティータイム、リラックスのお供にキャンディ紅茶を選んでみませんか?

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

コメント

Comments are closed.