【クスミティー】スウィートラヴの感想♪ブレンド内容も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です♪

今日はKUSMITEA(クスミティー)スウィートラヴという紅茶を紹介します♪
詳しいブレンド内容と実際に飲んでみた感想、こんな時に飲むのがオススメ!ってことをお伝えしていきます。

紅茶缶の見た目も含めて、クスミティーのことが気になっている方は必見の記事ですよ♪

それでは、クスミティーのスウィートラヴを概要から見てみましょう!GOGO!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クスミティー スウィートラヴってこんな感じ

まずは、クスミティー公式の説明からご紹介します♪

紅茶に様々なスパイス、ガラナ、リコリス、ピンクペッパーをブレンドした自然の甘味を持った魅惑的なフレーバー。五感を呼び覚まし、穏やかで心地良い感覚をもたらす。

お値段は、

  • ルースティー(茶葉そのまま缶入りタイプ)…125g3,888円25g1,458円
  • ティーバッグ…20個入り2,484円10個入り1,944円

って感じですね♪

缶を狙うなら25gがおすすめになりそうです。
注意点としては、ティーバッグ20個入りの方は個包装されていないってことです。

ちなみに、私が持っているのは25g缶です♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クスミティー スウィートラヴを実際に飲んでみた

ブレンド内容としては、
中国紅茶・甘草根・ガラナの種・ピンクペッパーの実・カルダモン・シナモン・アニシード・クローブのつぼみ
が入っているそうです。
中国紅茶というのは恐らく、キーマン紅茶のことだと思います。

説明書きを読んでも「えっ!?そんなにたくさん混ぜてるの!?」という感じでしたが、実際の茶葉もかなり見た目が賑やかになっています。
種類でいうと、センティッドティーになるのかな?という感じです。

そして、缶の細工が凝っていてかわいいですね!
鮮やかなピンクに目が行きがちですが、私は蓋の細工が気に入りました。
現段階では全然読めないのですが、読めるようになったら追記します!

クスミティー スウィートラヴの味わいの感想

それでは、それぞれ気になるポイント別の感想です♪

  • 茶葉…めちゃくちゃ賑やかです♪紅茶の茶葉だけだと小ぶりで黒っぽい見た目です。
  • 水色…落ち着きのある橙色です。
  • 香り…香りはチャイブレンドのようにスパイシーです!甘草やアニシードの甘い香りも感じられます。
  • 味わい…チャイに甘草を混ぜた雰囲気で、紅茶の渋みはないです。紅茶としてはまろやかなのでやはりキーマンベースかな?と思います。喉に甘草の甘みが残ります。

というわけで、全体の評価はこんな感じかな?と思います。

渋み   ★☆☆☆☆
スパイシー  ★★★★
重厚感  ★★☆☆☆

甘草入りなので花粉シーズンや風邪を引いているときにも良さそうです♪
あっという間に体温が上がってじわっと汗が滲んだので、寝起きがしんどい時も合うと思います!

チャイに似た雰囲気なので、濃い目に抽出してミルクを加えるのも合います♪
渋みが少ないので、香りは刺激的で味わいはマイルドなミルクティーに仕上がりますよ♪

香りだけではなく、実際に甘草の甘さが感じられるので甘党の方も砂糖なしで頂けそうです♪

風邪を引いたときに飲んでみた

後日、38度を超える熱が出たときに「あっ、スウィートラヴ飲もう!」と思い立って飲んでみました。
乾燥した喉が労られる感覚と、スパイスで風邪による肌寒さがちょっと楽になるような気がしました。
また通常時では「結構香りが強めかな?」と思っていたのですが、風邪を引いているときはこの香りでちょっと鼻通りが良くなる気がしました。笑

やはり、風邪にはうってつけですね♪
ただし、スパイスが多い刺激物なので、たくさん飲むのはよくないかもしれません。



クスミティー スウィートラヴ終わりに

暫くティーポットに香りが残っていたので「香りのかなり強いフレーバードティー」だといえそうです。
毎日お茶を飲む方は注意が必要かもしれませんね…。

クスミティー自体が初めてだったので、この茶葉にはたくさん驚かされました。
語感から「寝る前向けかな?」と思っていたのですが、どちらかというと気合を入れたスタート向けのお茶という印象です。

私は体調を崩したときのお供にしています♪花粉シーズンに大活躍しそうな予感がしてワクワクしてきました♪

スウィートラヴのベースに使われているのかな?という紅茶については「祁門紅茶のスモーキーって何?タイプ別の特徴やおすすめの楽しみ方」の記事を参考にしてみてくださいね♪

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017-2018

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

コメント

Comments are closed.