【アッサムSF】マッキィポール茶園2019GBOPの感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です!

今日はアッサム夏摘みの中から、マッキィポール茶園の紅茶を飲んでみた感想をお伝えします。
茶葉の様子・水色・風味、淹れ方を変えてみた様子などを画像つきでお伝えしますね。

ストレートでもミルクでもおいしいアッサムだったので、
「毎日おいしく飲めて旬も感じられる茶葉がほしい」
と思っている方にとくにおすすめです。

それでは、茶葉の紹介から見ていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マッキィポール茶園の2019年のアッサムってこんな感じ

まず、公式の説明をご紹介します。

パッと広がるウッディさの後にモルティさ、干しブドウのような香り、余韻はドライ・アプリコット。

GBOPのような細かめサイズはボディ中心になりがちですが、マッキィポールは飲みやすいミディアムボディに品の良い香りを備えているのが魅力的、ここ数年毎年入荷のあるアッサムです。

この茶葉は紅茶専門店のシルバーポットさんで購入し、お値段は50g832円でした。旬のアッサムの中では、かなりお手頃な価格ですね。
シルバーポットさんはメール便対応なので、通販で利用しやすくて嬉しいですね!

スポンサーリンク

マッキィポール茶園のアッサムを実際に飲んでみた様子

それでは、実際に飲んでみましょう!
今回の抽出条件は6g300ml3分です。

この茶葉の等級は、GBOP。
BOP(ブロークンオレンジペコ)のゴールデンチップ入りバージョンってことみたいです。
シルバーポットさんの解説ページより。

オレンジペコ等級なので茶葉はあまり大きくありませんが、色が均一で美しいです。ゴールデンチップも適度に入っていますね!
食べると、サクサクでモルティ。ドライフルーツのような甘みは奥に感じます。乾いたニュアンスの渋みを感じますが、強くはありません。

温めたポットでは、フレッシュ感ある甘い香り。嫌な香ばしさや酸味は立たず、全体的に穏やかです。

まずは、ストレート用に3分時点の感想からお伝えしますね!
ストレートでは、ウイスキーを飲んだときに感じるようなウッディな苦渋み。温かいときは微かで、冷めると強くなります。
アッサムらしい「甘い芋っぽさ」はあまり強くありません。ゆ~っくり時間をかけて飲んでいると、余韻にアプリコット(微酸味・甘み)を感じます。

ミルクを入れる場合は、かなり濃い目に蒸らしてあげるのがオススメです!
滑らかでスムーズなミルクティーになりますよ。
クセがないので、お食事にも合わせやすそうです。

茶殻は明るめの茶色。硬めでモサモサしています。

スポンサーリンク

マッキィポール茶園2019の味わいの感想

このお茶は、自宅と旅行先でそれぞれ淹れているのですが、それぞれ少し印象が違いました。
旅先だとモルティな風味がよく出ていたので、住んでいる地域によってはもっと甘くコク強めに感じるかもしれません。

自宅での印象は下記のようなバランスです。

渋み ★★☆☆☆
甘み ★★★☆☆
重厚感★★★☆☆

アッサム紅茶なのでダージリンやセイロン紅茶と比べるとボディはある印象です。
でも、アッサム内で比較すると少し軽め・甘さも控えめでストレートで飲みやすいと感じました。

「ストレートでさらっと飲みたい!」「渋みは苦手だけどアッサムを楽しみたい」という方にぴったりな茶葉だと思います。

全体的にクセが少なく、さまざまなジャンルのお菓子に合わせやすいキャラクターです。
シルバーポットさんが「毎日美味しいアッサムを気兼ねなく」と紹介しているのは、ペアリングしやすさも踏まえてのことかな?と感じました。

アッサムセカンドフラッシュ比較

「アッサムセカンドフラッシュってあんまり注目されてないのかなあ」と感じたので、今回は最近飲んだアッサムセカンドフラッシュを比較してみます。

比較するのは、今回ご紹介したマッキィポール茶園と、先日の記事でご紹介したハティアリ茶園です。

左のハティアリ茶園は、TGFOP(ゴールデンチップいっぱいフラワリーオレンジペコ)
右のマッキィポール茶園はGBOP(ゴールデンチップ入りブロークンオレンジペコ)
金芽の量のほかに、茶葉の大きさそのものが違うことがわかりますね。

味の方向性は茶園のキャラクターも関係してそうですが、
茶園の方は、TGFOPのハティアリが持つベリー感に「フラワリー等級(花のような香りの)」をつけたのかな~って思いました。
この茶葉はモルティ感・はちみつのような甘さがしっかりしていて、すぐにコレが個性だな!ってわかりました。

一方、GBOPのマッキィポール茶園は個性はやや弱め。
朝食のパンからおやつのチョコレートまで、幅広くペアリングできそうなキャラクターです。
飲む度に香りの立ち方・余韻の雰囲気に変化があり、開封後しばらく経ってもおいしく飲み続けられています。
お値段としても飲み飽きなさとしても、毎日用にはこちらがぴったりだと思います。

アッサムマッキィポール茶園2019 終わりに

「アッサムってCTCのようなどっしりボディのものが有名かな?」
と思ったので、今回の記事はボディや甘さに注目してご紹介しました。

渋みや強いコクが苦手な方でも飲みやすいアッサムもあるんだよ~!これはCTCにはない魅力だよ~!
ってことが伝われば嬉しいです。

甘み・華やかさを狙うなら、先日ご紹介したハティアリ茶園のようなTGFOP中心に探してみてもよさそうですね。
見た目も香りもお味もスペシャルなアッサムなので、リラックスタイムが特別なものになりそうです。

風味はその年の出来や茶園の方向性も関係してくると思いますが、アッサムSF選びの参考にしてみてくださいね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク