ノリタケのティーカップ「花更紗のティー碗皿」を購入しました♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です!

今日は私が新しく購入したノリタケのティーカップ花更紗のティー碗皿をご紹介します♪
ずっと迷っていたのですが、いろいろ比べたり勉強したりして、納得してお迎えすることができました!

この記事では材質・容量・価格などの基本から、購入の決め手になったポイント、
「ティーカップをアウトレットで買うのはおすすめ?」ってことなど、詳しくお話しますね!

繊細なつくりなのにお財布に優しいお値段なので、初心者さんにもおすすめできるティーカップだと思います!
これから紅茶を趣味にしようかな?って思っている方もぜひ参考にしてみてください♪

それでは、花更紗のティー碗皿の基本情報から見ていきましょう~!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ノリタケの花更紗のティー碗皿って?値段は?

まず、私が実際に購入したティーカップがこちらです!
縁取りが美しく、ティーカップの内側まで繊細な模様が描かれています♪

ノリタケの公式サイトによると、
花更紗シリーズはペルシャ風を意識したデザインで、幅広い年代の方に好まれているようです。
ティーカップだけでなくマグカップやコーヒー碗皿もあり、セットで揃えることもできます。

今回、私が購入したのは、花更紗シリーズのティー碗皿です♪

ちなみにお値段はカップとソーサーがセットで2,700円でした!
こんなに繊細なカップなのにお財布に優しいのはとってもありがたいです><

材質はノリタケボーンチャイナで、容量はめいっぱい注いで180cc程度でした。
ノリタケは日本で初めてボーンチャイナの焼成に成功した窯という歴史もあるので、今後も材質などに変更はなさそうですね。
色合いは真っ白ではなくやや柔らかい印象の白色です。
生産は、現在ではスリランカになっているみたいです。

ティー碗皿ってなに?ティーカップとは違うの?

初めてティー碗皿を見たとき、私もあれ??って思いました。
「名前もティーカップではないし、形もちょっと独特だし、もしかしてティーカップとは別物なのかな?」
って不思議ですよね。

気になっていろいろ調べてみた結果、
ノリタケではティーカップをティー碗皿と呼び、コーヒーカップはコーヒ碗皿と呼んでいる
ってことが分かりました。

ノリタケの公式サイトの画面です。ティーカップとは書かれていません。

これって、ノリタケが1904年から続く老舗陶磁器メーカーだからかな?って思いました。
創業は明治時代、洋食器のセットが完成したのも大正3年です。
私は、当時は「カップ」って呼び方は一般的ではなかったのかな~と想像しています。

ノリタケ以外だと、有田焼の窯や古伊万里などでも見かける呼び方です。
ティーカップの呼び方にも歴史の長さが感じられますね♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

花更紗のティー碗皿の購入の決め手は?

もともといろんなティーカップが気になっていたのですが、
私が花更紗のティー碗皿を買うと決めたポイントはこんな感じです♪

  • 水色がよく見える形が嬉しい(シェイプが他にはないデザイン)
  • いろんなシーンに合わせやすそう
  • お値段もお手頃
  • 公式でソーサーやカップだけの購入もできる

ってことでした。
特に決め手になった理由を詳しくお話します!

いろんなシーンに合わせやすそう

漆器の銘々皿に羊羹を載せて合わせてみました。

花更紗のティー碗皿って、ぐっと背丈が低くて飲み口が広く、日本的な淡い色使いが印象的ですよね!
初めてみたときから「他のブランドのティーカップとはちょっと違う雰囲気かも?」って気になっていたんです♪

和風の趣もあるので、和菓子漆器を添えてもうまく調和しています!

全体が落ち着いたデザインですし、色遣いにキツさがないので、さまざまなお茶を引き立ててくれそうだと思いました。
活躍する場面も多く、どんな年代のお客様にも出せる食器になりそうです♪

公式でソーサーやカップだけの購入もできる

ソーサーはこんな感じです。こちらも淡い色遣いで美しいです。

さらに安心できたのは公式サイトでソーサーやカップがバラ売りされていることです!

どんなに気をつけていても、長く使えば食器は割れてしまうものですよね…。
最近は大きな地震が多いですし、特に気になるポイントでした。

ノリタケの公式サイトをみると、嬉しい特徴がありました!

花更紗のシリーズを例にすると、

  • ソーサーのみ 1,080円
  • カップのみ 1,620円
  • カップとソーサー 2,700円

って感じになっています♪

ノリタケの公式サイトより。

つまり、ティーカップのお皿だけ割れちゃった!っていうときに、
アウトレットやフリマでソーサーだけ探し求めて疲れたり、
新たにカップアンドソーサーを買ってカップを余らせたりしなくていいんです!

これも日本のブランドならではの気遣いなのかな?って思いました。
地震が多い国に住んでいると、こういうアフターフォローが嬉しいですよね♪

ノリタケってアウトレットもあるの?おすすめ?

ノリタケはアウトレット専用の店舗も展開されていて、人気があるみたいですね!

公式サイトでも紹介されているお店としては、

が有名みたいです!

公式のショップなので中古品を買うときに気になる「偽物が混ざっているかも?」って不安がなく、安心して購入できそうです♪
ただし、店舗が全国にあるわけではないことと、通販はないことに注意が必要みたいです…。

なので、私がノリタケのアウトレットをおすすめしたいのは、

  • ノリタケのいろんなティーカップが気になっている
  • シリーズをセットで揃えたい(パーティーセット、クリーマーやシュガーポットなど)
  • 高額なシリーズを狙っている(金彩や銀彩が多いものなど)

っていう方です!

私みたいに「花更紗のティーカップだけでいいかな♪」ていう場合は、
アウトレットに行く交通費&現地でいろいろ見てお財布の紐が緩む!
ってだけでかえって出費が増えてしまいそうです…。

花更紗のティー碗皿は定価でも2,700円くらいなので、お財布に優しいと思います。
私は今回「長い目で見ると、傷や欠けのある訳あり品よりも、正規品の方がいいかな?」と考えて、アウトレットは利用しませんでした。

アウトレットじゃない商品なら、ノリタケの公式サイトから通販もできますよ♪
1週間以内に届くみたいなので、早く手に入れたい方にもおすすめです!

ちなみに、花更紗のティー碗皿はAmazonや楽天でも公式から出品・販売されているようです。
ポイントを貯めたり、他のお買い物といっしょにしたいときはこちらがいいかもしれませんね!
送料の節約になるってこともありそうです。

ノリタケのティーカップ「花更紗のティー碗皿」 終わりに

ノリタケってデパートや老舗百貨店でも販売されている有名ブランドなので
「高級なのかな?」「格安じゃないと買えない価格なのかな?」
って身構えてしまいますよね…。

私も最初はそう思っていたのですが、全体的には控えめな価格という印象です。
高級感がありますし、品質もしっかりしているのでちょっとびっくりしました!
(金彩や銀彩をふんだんに使ったデザインだと価格も高くなるようなので、シリーズによる差がありそうです。)

花更紗のティー碗皿は独特のシェイプと穏やかな色味が調和していて、他の窯では見られない雰囲気だと思いました。
長く愛されてきたシリーズだけあって、シーンを選ばず使いやすく、和食器にも馴染みやすいみたいです♪

ティータイムに広がりが出るので、迷っている方は一客持っておいて損はないと思います!

ティーカップについてもっと知りたい!思った方は、
私がいつも参考にしている「図説英国ティーカップの歴史の感想」の記事や、
紅茶を楽しむための道具を解説しているシリーズの「ティーカップの基本とおすすめ」の記事も参考になると思います♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

コメント

Comments are closed.