尾道を半日かけて一人旅してきた!猫さんに会えるスポット編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です!
前回は尾道駅周辺を中心におやつとやまねこ・持光寺(あじさい寺)・スパイスカフェコヨーテ・アイスのからさわなどを巡りました。

今回は、ネコノテパン工場から尾道市立美術館の周辺へと向かっていったレポートです。
尾道の坂の町の面と猫の町の面を味わいたい方におすすめなルートですよ♪

千光寺や茶園建築を再生したみはらし亭にも立ち寄ることができます。

それでは、商店街から光明寺へ向かいます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

尾道商店街から光明寺へ

尾道商店街から光明寺に向かうには、線路を越えて山側に向かうことになります。

ここでは歩道橋を利用しました。
ぐーんとカーブする線路と尾道の町並みなど、眺めも良かったです。

光明寺に行くには階段を登る必要があります。
境内のベンチにはよく猫さんがいらっしゃるそうです。

撫でさせてくれました。
肉厚で、毛は硬めで量も多めかな…暑そうです。
ここは日陰なので過ごしやすいのだと思います。

光明寺からネコノテパン工場へ

光明寺からネコノテパン工場に行くには、境内の右奥から伸びる道を進みます。
途中に小さな看板がある場所で左折して、坂を登っていきました。

興奮して慌てたのでボケました

お店の前に茶トラ猫さんがいました!
ネコノテパン工場のお姉さんが「いつもお店の前でお客さんのパンを狙っているんですよ。気をつけてくださいね」と教えてくれました。
パンだけでなく匂いのある食べ物を狙うみたいなので、食品を購入している場合は高く掲げていきましょう!
ジャンプで届かない高さにしておくと安心です。

撫でさせてくれるので、交流したい場合はパンを買う前に撫でておくのがおすすめです。
(ウエットティッシュを持参しておくと衛生的に安心です。)

ちなみに、地域猫さんだそうです。
お耳のカットは怪我ではなく地域猫の印です。

スポンサーリンク

ネコノテパン工場

ネコノテパン工場は猫の額くらいの大きさの売り場です。
一度に一人しか入れないので、休日には待ち時間が発生するようでした。
お店の前に椅子があるので座ることができ、待ちながらさきほどご紹介した茶トラさんと遊べます。

特に人気があるのはビスコッティだそうです。
色んな味がありますが、私はクランベリーを選びました。
サイズが豊富なのでお値段や量と相談して決めることができます。

パンも小さめのサイズが多く食べ歩きにぴったりです!
ガッツリ食べたいときは複数個の購入がちょうどいいと思います。

営業時間:10時~夕暮れまで
定休日:火曜・水曜
購入したもの:ビスコッティ(クランベリー)350円・フレンチトースト(4分の一サイズ)60円・スコーン140円
備考:パンは日によって作っているものが違うみたいです。公式サイト右上の『オシラセ』から月間スケジュールが確認できます。

さっそくフレンチトーストを食べましたが、甘さは控えめで卵の味わいがしっかり感じられました。
紅茶に合わせるのがおすすめです!

キツめの坂を登って共楽園へ

ネコノテパン工場から千光寺に向けてはずっとキツめの坂道が続きました。
細い道が続き、日陰でまったりしている猫さんにも会えます。

この画像に4匹います

共楽園は尾道の猫さんを目当てに行くなら、絶対おすすめしたいスポットです。
千光寺よりすこし下にある眺めの良い公園なのですが、ベンチに座った瞬間に猫さんが集まってきます。
ここの猫さんは食べ物狙いではなく『撫でなさい!』という感じでした。

撫でて!というアピール。このあといっぱい顎の下を撫でました。

木の根のそばや柵の近くなど、好きなスペースでくつろいでいる姿を見れます。
こちらに気づいた瞬間に、上機嫌で駆け寄ってくる姿がめちゃくちゃかわいかったです!

スポンサーリンク

みはらし亭

みはらし亭尾道の茶園建築を再生してゲストハウスやカフェとして営業していらっしゃいます。
私は14時くらいにいったのでまだ閉店中でした。
15時ごろから夕方あたりならカフェとしても利用できるみたいです。


営業時間:ゲストハウス チェックイン15:00~22:00 チェックアウト翌10:00
料金:2800円
備考:Booking.comをみると、尾道市内で最高の評価&かなり人気のようです。料金も安く立地もいいので空き室状況や口コミを参考にしてみるとよさそう。


尾道市立美術館の周辺

市美展をやっていたので尾道市立美術館にも行ってみました!

館内のミュージアムショップには尾道の猫さんのポストカードやグッズもあり、猫好きさんに人気があるみたいです♪
眺めの良いカフェもあるので休憩するのにもおすすめです。

尾道の猫さんといえば、尾道市立美術館さんの攻防戦も有名ですよね!

警備員さんには会えませんでしたが、黒猫さん(ケンちゃん)に会うことができました。
とてもかわいい…愛されっぷりがわかるツヤツヤの毛並みも素敵でしたよ♪

尾道市立美術館
営業時間:9時~17時
定休日:月曜
料金:展示内容による
備考:館内は原則撮影禁止。ミュージアムショップとカフェがあります。尾道水道がよく見えて眺めがいいです。

展望台の近くには『恋人の聖地』がありました。
こちらも猫さんがかわいいです!

千光寺山ロープウェイで下山

かなり暑かったので帰りはロープウェイに乗ることにしました。
下りだと尾道の町並みがよく見えるので楽しかったです。

営業時間:9時~17時15分
定休日:なし(強風の場合は臨時休業あり)
発車間隔:15分おき(その前に定員になると早めに出ます)
料金:片道320円 往復500円(子どもは半額)

尾道を半日かけて一人旅してきた!猫さんに会えるスポット編

尾道の坂は傾斜がきつくてかなりしんどかったですが、
途中で猫さんたちに癒やしてもらえたり、
尾道水道や尾道の町並みを一望できるので行って後悔はないと思います!

また、見通しの良い場所が多いので風が吹き抜けるとかなり涼しかったですよ♪(冬は寒いかも)
猫さんに合う場合は散策がメインになると思うので、雨天以外がおすすめになりそうです!

ここからは再び市街地に戻り、
猫さんが目印の尾道紅茶を販売している今川玉香園茶舗さんや
特産品を使った和菓子を買いに行きました!

お土産とリフレッシュ編へ続きます!

(追記)

帰宅後にネコノテパン工場のスコーンと紅茶を合わせましたが、とってもおいしかったです!
中の層がふわっとしていてスコーンとしては軽めだと思います。
もっと買っておけばよかったです…。
尾道市立美術館で購入した尾道の町並みと猫さんのポストカードも素晴らしいですよ~!!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

コメント

Comments are closed.

スポンサーリンク

スポンサーリンク