スポンサーリンク

スポンサーリンク

【フレーバード紅茶】クィーンズ ライチの感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です!

紅茶専門店シルバーポットさんのフレーバードティー「クィーンズライチ」を飲んでみた感想をお伝えしていきます。

ニルギリベースの爽やかな紅茶なのですが、
実際に飲んでみると“フレーバーが強すぎない”っていうのもお茶好きには嬉しいポイントかなって思いました。

香りの強すぎるフレーバードティーは苦手だなって思っている方や、
夏向けにアイスティーで楽しめる紅茶を探している方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、私はほかの紅茶専門店さんのライチフレーバー紅茶を飲んだことがあるので、それぞれの特徴を比較したりもしていきます!

それでは茶葉の概要からいってみましょう!

クィーンズ ライチってこんな感じ

ベースには南インドのニルギリ紅茶を使用、上質リーフに馥郁としたライチの香りを添えました。

紅茶専門店シルバーポットさん公式の説明を読むと、ライチのみずみずしさ・ジューシーな甘さにスポットをあててつくられているのかな、と感じます。
また、こちらの紅茶は2021年リニューアルされ、以前より軽やかな印象になっているようです。

お値段は50g886円
毎日たっぷり飲んでもお財布に優しい価格なので、夏場の常飲茶にもできそう。
ニルギリベースなので急冷してもにごりが出にくく、暑い日はアイスティーで楽しんでもよさそうですね!

クィーンズ ライチを実際に飲んでみた様子

それでは、実際に淹れてみましょう!
公式推奨の条件を取り入れ、6g400ml2.5分でいれていきます。

茶葉の様子はしっかりと黒めにみえます。
(モニターの影響があるかもしれませんが)シルバーポットさんの通販画像で見るよりも青みはなく、ところどころ茶色混じりの黒色です。
茶葉は細かめなのでやや素早く抽出されそうですね。公式推奨の蒸らし時間も2.5分ほどとなっています。

食べると、最初はグリニッシュな渋み、あとからじんわりと穀物の甘みが出てきました。
どちらも後口に残りすぎず、さっぱりと飲めそうです。

温めたポットに茶葉をいれると、みずみずしいライチの香りがしっかりと立ち上がります。
同時に、ドライパイナップルのような香りも感じました。
甘みのねっちりとしたところが似ているからかもしれません。

淹れてみると、こんな感じになりました。
香りは、茶葉の段階・ポット時・カップ時で大きな変化はありませんでした。
フレーバードティーのなかでは上品に香るタイプで、ツンとしたり香りがしつこすぎることもなく、飲みやすい印象です。
どこか南国フルーツのニュアンスも感じられ、フルーツのみずみずしさが想像できる香りですね。

味わいは、ニルギリベースなのでやや軽めに感じます。
柑橘系の軽い酸味・渋みと、少しアッサム茶葉に感じるような“もったり”とした穀物の甘さがあるのが印象的です。
口残りに軽く渋みが残りますが、これもライチ果皮の雰囲気やお茶の飲みごたえとして捉えられそうです。
ニルギリの持ち味がきちんと発揮され、全体を爽やかにまとめつつ、香りの印象とリンクしてうまくつながっていますね!

全体的にフラットな味わいで、蒸らし時間や茶葉量で濃さを調整しやすかったです。
抽出条件を変えてみてもバランスが大きく変わることはないため、お茶初心者さんでも淹れやすい紅茶だといえそうです。

茶殻

ライチのフレーバーが強く残っています。茎部分はあまりないです。
食べるとハリがある質感で、鋭い渋みがたっぷり残っていました。甘みはあまり感じません。
この茶殻を水出しにしてみたところ、さっぱりとした薄めのフルーツティーができあがりました。

スポンサーリンク

クィーンズ ライチの味わいの感想

クィーンズ ライチについて、ポイント別に整理してみます。

渋み    ★★★☆☆
フルーティー★★☆☆☆
重厚感   ★★☆☆

フルーティーさについては、ライチ感はあるものの強くは香らないため低めにしています。(個人的にはちょうどいいバランスです)

フレーバードティーの香りが甘すぎたり強すぎる場合、味わいに同じ甘みを期待してしまって、かえって物足りなくなる…みたいなことがないでしょうか。
この紅茶はそういう感覚がなく、お砂糖無しでバランスが取れている点が非常によかったです。

味わいにもニルギリの持つ爽やかさと甘みが活かされ、しっかりと「紅茶を飲んだぞ」という満足感があります。
普段あまりフレーバードティーを飲まない方でも飲みやすいタイプじゃないかな?って思います。

スポンサーリンク

TEAPONDさんのプリンセスライチと比較すると?

以前飲んだTEAPONDさんのライチティー「プリンセスライチ」と比べると、キャラクターの違いがわかりやすいと感じました。

対比させながら書き出してみると、

  • クィーンズライチ…ニルギリベースでさっぱり。渋みあり・甘み控えめ・みずみずしいライチの香り。
  • プリンセスライチ…中国紅茶ベースでボディしっかり。渋みなし・甘みあり・紅茶の香りも強め。

という感じ。
方向性がはっきりしているので、求めている雰囲気や好みによって選ぶのがよさそうですね。

軽やかでみずみずしいライチ感を味わいたい方にはクィーンズライチ、紅茶のどっしりとした飲みごたえや甘みが欲しい方にはプリンセスライチがおすすめかな、って思います。

クィーンズ ライチのおすすめの楽しみ方

後口がさっぱりしているので、アイスティーがおすすめです!
冷やしてもザラつきが出ず、紅茶の渋み・甘みをしっかりと味わえました。

味わいがフラットなので、食べ合わせの面でも困ることはなさそうです。
香りも強すぎず、食前・食後のお茶として飲んでも、お料理の邪魔になりにくい印象でした。

「もう少し甘みとコクがほしいな」というときはナッツを使ったお菓子を合わせるとちょうどよく調整できました。

 終わりに

お茶好きさんのなかには、ニルギリベースのフレーバードティーに対して「味わいの面で物足りない」「香りと味が離れすぎてる」という感覚を持ったことがある方もいると思います。

この紅茶は、ニルギリらしさをしっかりと活かし、香りと味が自然につながっている印象がありました。
香りもみずみずしく、強すぎる香りが苦手でも飲みやすいちょうどいいライチフレーバーですね!

難しい淹れ方や抽出条件も必要ないので、暑い季節にさっと淹れる紅茶としてもオススメです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

スポンサーリンク