【青山TF】ディンブラ サマーセット茶園BOPの感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、銀猫です。

今日は2020年のディンブラの春茶から、サマーセット茶園のBOPを飲んでみた感想をお届けします!
淹れ方や風味、おすすめの飲み方などを詳しくご紹介していきますよ。

また、以前、同茶園のPEKOEタイプのレビューをしています。(こちらもおいしかったです)
等級(茶葉の大きさ)についてもわかりやすい例になるので、紅茶初心者さんもぜひ参考にしてみてください。

それでは、茶葉の紹介から見ていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サマーセット茶園2020年春のBOPってこんな感じ

このお茶は、セイロン紅茶の専門店「青山ティーファクトリー」さんで購入しました。

公式オンラインストアの説明によると、

香りが華やかです。渋味はペコーよりありますが、バランスが良く、決して気になるものではありません。
これは、3分の蒸らしで十分です。しかし、長く蒸らしても、決して渋過ぎず、これは、味のバランスが絶妙であるがために、渋味も嫌な感じにならないものだと思います。

とのことです。

お値段は100g1,400円でした。
比較的リーズナブルな価格なので、毎日の紅茶としてたっぷりサイズのセイロン紅茶を探している方にもぴったりだと思います。

紅茶のBOPとは?

紅茶のBOPというのは、茶葉の等級のことです。
等級といっても、紅茶の場合は上等・下等といった品質上のレベルの意味はありません。
では何を指すかというと、茶葉の大きさと形状のことです。

今回飲んだBOPはブロークンオレンジペコーの略称ですよ。
以前ご紹介したサマーセット茶園のペコーより2段階小ぶりなサイズですが、葉の原型はまだ残っているタイプです。
参考までに、PEKOEタイプ(左)とBOPタイプ(右)の画像を並べてみました。

BOPタイプは市場での流通量が多いため、お茶好きさんは一度は見たことがあるかな?と思います。
これまで意識せずBOPを飲んでいた方も多そうですね。

スポンサーリンク

サマーセット茶園BOPを実際に飲んでみた様子

それでは、実際に飲んでみましょう!
今回は標準的な淹れ方でOKな茶葉のようなので、300ml6g3分で抽出します。


まず、茶葉の色味は比較的均一で、肉眼ではダークチョコレートのような色になっています。
茶色いふわっとした産毛状のものが見えてかわいいですね~!

食べるとカリッとした歯ざわりで、茶葉の段階からフローラルな甘さがあります。
おいしいのでぜひ食べてみてください!

温めたポットに投入すると、熱いときはややトマト寄りの甘みが強めに出ます。(甘さ+青さ)
冷めると、ウバ紅茶のような涼やかな香りが出てきました。この香りはペコータイプにもありましたね。

カップに注ぐと香りの印象がぐっと穏やかになります。
すずらんとバラを足して割ったような華やかな香りですが、強すぎませんね。

味わいは、全体にすっきりとした(やや青さ寄りの)渋みがあります。
後口までシャープに続きますが、主張しすぎないバランスです。
また、麦を噛み締めたときのような優しい甘みがあり、飲むととても心地よいです。

茶殻はこんな感じです。
ところどころ緑みが強い茶葉がありますね。
手触りはやや柔らかいのですが、食べるとしっかりと葉の輪郭が感じられます。

3分でしっかり風味が出きっているな、という味わいでした。
が、茶殻を水に浸して置いておいたら甘みのしっかり乗ったアイスティーができあがりました。
渋みが苦手な方にもおすすめです。

スポンサーリンク

サマーセット茶園BOPの味わいの感想

サマーセット茶園のBOPについて総合的にまとめるとこんな感じかな?と思います。

渋み   ★★★☆☆
フラワリー★★★★
重厚感  ★★★☆☆
甘み   ★★★★

ディンブラは初心者さんにもよくおすすめされる紅茶です。
トリッキーな風味は出にくく、オーソドックスな味わいが特徴的な紅茶といわれています。

サマーセット茶園のこの茶葉は、標準的なバランスでありながら甘みと香りが強いと感じました。
乾いた茶葉の段階でしっかり甘さが感じられるのですが、ポットでもそのままの雰囲気で抽出されています。
素直で扱いやすい茶葉&コク・渋みも中程度で飲みやすい印象なので、お茶初心者の方にとくにおすすめできそうです。

サマーセット茶園BOPのおすすめの楽しみ方

単体で満足感がある味わいですが、ベーシックなバランスなので幅広くペアリングできそうです。
お菓子の他に、パンや洋食にも合わせられそう。
(柑橘類を合わせると青みのある渋みが目立ちやすいので、そこだけちょっと注意!)

お茶を主役にしたティータイムなら、シンプルなお菓子がよさそうです。
小麦に似た甘みがあるので、ビスケットやショートブレッドを合わせたいな、と感じました。

終わりに

このおいしさの茶葉が100g1,400円で購入できるのは、とっても嬉しいですね~!
ペコータイプより細かいBOPのほうが渋みは出やすいものの、紅茶を飲みつけていると濃いめ好きになりやすいもの。
濃いめ渋めが好きな方はBOPでちょうどいいと感じるかもしれません。

紅茶そのものが持つ甘さ・華やかな香りを体験してみたい!
と思っている方は、ぜひぜひ試しみてください!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

ティーシェルジュについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク